税理士法人翔和会計

無料相談・お問い合わせ

コラム

【会社設立】法人用のクレジットカードを作成しよう!

会社設立

法人カードとは?

法人カードとは、法人や個人事業主が発行できるクレジットカードです。

法人成り直後は、諸手続きで忙しく、経理業務に時間を割くことが面倒になるため、法人カードを作成することで経費管理の面で効率化できます。

クレジットカードの明細から、会計ソフトに自動で経理を行うことが可能なので、時短や労力が軽減され、法人カードの作成は非常に有効だと思います。

法人カードを作成するメリット

1.支払い面で効率化する

都度、現金で支払いを行う場合、比例して領収書の枚数も増加します。また経費の仮払いや立替え、領収書の整理は煩雑になります。

そのため、法人カードを作成することで、毎月の利用明細書を一括して経費として処理すれば、使用した経費内容が明確になり便利でしょう。

2.経費を削減できる

銀行振込で支払いを行うと振込手数料が発生します。しかし、法人カードで振込みを行えば、振込手数料がかからないため、経費が削減されます。

また、法人カードによっては、利用度に応じてポイントが加算されるものやマイルが貯まるものがあるため、ご自身の使い勝手のよい法人カードを作成するとよいでしょう。

3.個人と法人との利用を区別しやすくなる

経費の支払いは、個人のクレジットカードでも行えますが、個人的な支払いと法人に付ける経費が混在してしまうと、区別が煩雑になりトラブルになる恐れもあります。

個人用のクレジットカートに加え、法人カードを作成しておけば、個人的な支払いとビジネス上の支払いを用途ごとに使い分けることが容易になります。

4.税金の納付も可能になる

法人税や所得税などの国税はクレジットカードで支払うことが可能です。地方税(住民税や事業税)も一部の市町村ではクレジットカードでの支払いが進んでいるため対応していることもあります。わざわざ窓口へ行くことなく、利用限度額の大きい法人カードで税金の支払いができるのは、便利でしょう。

5.クレジットカード特有の付帯サービスを利用できる

法人カードの種類によって異なりますが、ショッピングや空港ラウンジ、出張、ホテル、保険等の様々なビジネスシーンで役立つサービスが受けられます。

法人カードを作成するための準備

①法人口座を事前に準備

②登記簿謄本 or 印鑑証明書の取得

③代表者の本人確認書類(運転免許証等)のコピー

④決算書(※法人カードの種類によっては不要な場合もある

法人カードの引き落としは基本的に法人口座からになるため、法人カード作成より前に法人口座の作成を行いましょう。

謄本や印鑑証明書の発行は、法務局にて取得できます。何事も早めに行動し、万全の準備をすれば今後の事業活動においてもスムーズに行くでしょう。

一覧へもどる

会社設立の最新コラム

会社設立のコラム一覧へ

お問い合わせ・
無料相談

まずはお気軽にお問い合わせください!

インターネットから

お問い合わせフォーム

お電話から

03-6457-4630

受付時間 9:30 ~ 18:00(土日祝除く)

ご依頼の流れ

お問い合わせ

無料

面談

無料

お見積り

無料

ご契約

業務開始