税理士法人翔和会計

無料相談・お問い合わせ

コラム

【会社設立】法人口座を開設しよう!

会社設立

法人口座とは

法人口座とは、法人名義で開設できる銀行口座をいい、法人成りをする場合、個人口座とは別に法人口座を開設する必要があります。

お金の流れが個人と法人とで混同した状態では、取引先に疑念を抱かれる恐れがあるため、法人口座は必ず開設するようにしましょう。

また、法人用のクレジットカードを作成する際にも基本的には法人口座から引き落としがなされるため、法人成りをしたら早めに開設した方がよいでしょう。

法人口座が開設できる金融機関の特徴

金融機関 メリット デメリット

都市銀行

(メガバンク)

・会社の信用力が上がる
・高額な融資にも対応できる
・全国に支店がある
・海外への振込にも対応している
・法人口座開設の審査が厳しい
・担当者が転勤する可能性があり、長期的な関係を築きにくい
・口座維持手数料が比較的高額
地方銀行 ・近隣地域のお金の流れを把握している
・特定の地域では信用度がある
・都市型銀行に比べて親身に相談にのってもらえる
・別の地方に行った際に取り扱えない
・金利がやや高い
・高額の融資の審査期間が長い
信用金庫 ・事業の伸びしろや社長の人柄をみて融資をしてくれる
・返済のリスケジュールに応じてくれやすい
・貸し渋りや貸し剥がしが少ない
・都市型銀行に比べて法人口座を開設しやすい
・他金融機関に比べて金利が高い
・従業員が300人以上または資本金が9億を超えると脱退しなければならない
ネット銀行 ・24時間365日インターネット上で振込や決済が可能
・口座維持手数料がかからない
・振込手数料が安価
・預金の金利が高い
・取引先からの信頼度が低い
・窓口で銀行側にお金まわりの相談をできない
ゆうちょ銀行 ・口座維持手数料が無料
・ATMで現金を引き出しが無料
・ゆうちょ銀行への振り込みならATMでも無料
・全国に支店があり、顧客からの振込口座として利用しやすい
・法人税の電子納税に対応している
・中小企業倒産防止組合の口座に使えない
・社会保険の引き落としに使えない
・1300万円を超える預入はできない

出典:freee HP

どの金融機関で開設すべきか?

法人成り直後で、初めて法人口座を開設する場合には「信用金庫」か「ゆうちょ銀行」がおすすめです。

法人口座の開設は、個人口座と比べて審査が厳しいため、地域に密着した信用金庫やゆうちょ銀行の方が都市銀行よりも親身に対応してくれるケースが多いです。

今後、事業が拡大してきたら、都市銀行等で開設を行うことで、高額な融資や海外との取引時にも活用できるでしょう。

法人口座の開設に必要なもの

  • 会社の商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 会社の定款
  • 代表者印(又は法人銀行印)
  • 代表者印(又は法人銀行印)の印鑑証明書
  • 代表者の身分証明書
  • そのほか、会社の運営実態がわかる資料

※厳密には金融機関によって開設に必要なものは異なります。

 

 

一覧へもどる

会社設立の最新コラム

会社設立のコラム一覧へ

お問い合わせ・
無料相談

まずはお気軽にお問い合わせください!

インターネットから

お問い合わせフォーム

お電話から

03-6457-4630

受付時間 9:30 ~ 18:00(土日祝除く)

ご依頼の流れ

お問い合わせ

無料

面談

無料

お見積り

無料

ご契約

業務開始