税理士法人翔和会計

無料相談・お問い合わせ

コラム

【会社設立】電子定款にすると収入印紙代4万円削減できます

会社設立

電子定款とは

電子定款とは、その名の通り、電子化(PDF化)された定款のことです。

定款は、法人設立において、必ず作成する会社の基本的な事項を定めたものです。

紙の定款の作成には収入印紙代4万円が必要となりますが、定款の認証を電子認証することによってこの4万円を削減することができます。

手続き 項目 金額 備考

定款の認証

(公証人役場)

収入印紙 4万円 電子認証の場合は不要
認証手数料 5万円程度 定款の枚数により異なる
謄本手数料(5枚の場合) 1,250円 250円×枚数

電子定款の作成に必要なもの

1.電子証明書付きのマイナンバーカード

2.電子証明ソフト

3.ICカードリーダライタ機器

4.電子署名プラグインソフト

1.電子証明書付きのマイナンバーカード

マイナンバーカードは、事前に郵送されるマイナンバーが書かれた紙(通知カード)ではなく、プラスチック製のICカードです。当該ICチップには電子証明書などの機能を搭載しています。
マイナンバーカードの申し込みから発行までは時間を要する可能性があるため、電子定款の申請をお考えの場合は早めに申請を行いましょう。

参考:マイナンバーカード総合サイト

2.電子署名ソフト

作成した定款をPDFに変換して「電子署名」を付すには、対応するソフトが必要になります。代表的なソフトとして「Adobe Acrobat」がおすすめです。

電子署名とは「その電子文書が正式なものであり、かつ改ざんされていないことを証明するもの」で、紙の文書における押印やサインと同等の役割を果たすものです。

3.ICカードリーダライタ機器

マイナンバーカードの読み込みには、ICカードリーダライタが必要になります。購入の際は、マイナンバーカードに対応しているICカードリーダライタかどうか必ず確認しましょう。

参考:地方公共団体情報システム機構「マイナンバーに対応したICカードリーダライタの一覧表

4.電子署名プラグインソフト

PDF化した定款に電子署名を付与するためのソフトウェアです。上述のAdobe Acrobatを利用していた場合は、登記・供託オンライン申請システムが提供するPDF署名プラグインソフトを使ってPDFに電子署名を付与することができます。

参考:登記・供託オンライン申請システム「PDF署名プラグインについて

電子定款の作成と認証手順

<電子定款の作成>

定款の作成→定款をPDFへ変換→電子証明付マイナンバーカードを用意する→ICカードリーダライタ機器でマイナンバーカードを読み取る→PDF化した定款に電子署名を付与する→「電子定款」の完成

<電子定款の認証>

登記・供託オンライン申請システム」に登録する→申請用ソフトをダウンロード→電子定款の送信→電子定款の認証を受ける→所轄の法務局で定款のデータを受け取る。

定款の受け取りの際は、以下の持ち物を用意していきましょう。

・印鑑

・身分証明書

・USBメモリ

・発起人の印鑑証明書

・定款をプリントアウトしたもの

・電子署名をした発起人以外の委任状

・認証手数料など(約5万円)

一覧へもどる

会社設立の最新コラム

会社設立のコラム一覧へ

お問い合わせ・
無料相談

まずはお気軽にお問い合わせください!

インターネットから

お問い合わせフォーム

お電話から

03-6457-4630

受付時間 9:30 ~ 18:00(土日祝除く)

ご依頼の流れ

お問い合わせ

無料

面談

無料

お見積り

無料

ご契約

業務開始